安心して働くために

労災保険

仕事中(通勤途中も含む)のケガは建設国保は使えません。
必ず労災保険で治療を受けましょう。

建設業は強制適用 補償責任は元請に

土木・建設業は労災保険が強制適用で、アルバイトも含め人を一人でも雇っていれば加入義務があります。また建設現場では、仕事に起因する労働災害の補償は、重層下請けにおける職人の災害であっても元請が負うことになっています。

事業主や一人親方は特別加入が必要です

元請・下請の事業主(家族を含む)、法人の役員、一人親方(手間請)は元請の事業所労災が使えません。特別加入制度が適用されます。
なお、特別加入は組合を通じなければ加入できません。

補償内容は

医療費

治癒するまで全額無料です。

休業補償

休業4日目から平均賃金の80%(特別加入者は給付基礎日額の80%)が休業期間中に支給されます。

後遺障害がある時

程度によって障害補償が支給されます。

死亡した場合

遺族補償、葬祭料が支給されます。

0301

保険料は

事業所労災保険料(年額)

大工、左官、とび、鈑金、鉄工、塗装、電気、造園など

年間請負金額 保険料
100万円 2,730円
300万円 8,190円
500万円 13,650円
1,000万円 27,300円
2,000万円 54,600円
3,000万円 81,900円
5,000万円 136,500円

特別加入保険料(年額)
給付基礎日額 中小事業主 一人親方
3,500円 16,601円 24,263円
4,000円 18,980円 27,740円
5,000円 23,725円 34,675円
6,000円 28,470円 41,610円
7,000円 33,215円 48,545円
8,000円 37,960円 55,480円
9,000円 42,705円 62,415円
10,000円 47,450円 69,350円
12,000円 56,940円 83,220円
14,000円 66,430円 97,090円
16,000円 75,920円 110,960円
18,000円 85,410円 124,830円
20,000円 94,900円 138,700円

労災保険の面倒な加入手続き、保険申請は組合が代行します。

ページの先頭に戻る